バストアップ

プエラリアミリフィカと乳がんの関係

乳がんは加齢とともに起こる確率が高い症状なのですが、若い方にも起こるとされている症状で、そんな乳がんを早期発見するために乳がん検査が頻繁に行われているのですが、それくらい重要な内容になっているのです。
そんな乳がん関係ある成分として女性の間で人気のプエラリアミリフィカになるのですが、この成分は女性ホルモンと同様の働きをする植物性エストロゲンが含まれており、体内の女性ホルモンを摂りいれてくれるのですが、そんな女性ホルモンと乳がんの関係を詳しく実験されています。
現状ではプエラリアミリフィカは乳がんとは直接関わりがないとはされておらず、影響もまだでるかはっきりしていないのですが、摂りすぎると影響が出てくるのではとされているので、ルールを守って摂取する事が重要なのです。

実験で、プエラリアミリフィカの摂取量の上限は100mgとされており、理想的な量としては70mgから80mgとされており、その範囲内で摂る事で、乳がんの発生に影響を与えることなく、有効成分を体内に取り入れる事が出来るとされています。
このようにプエラリアミリフィカは現状乳がんには影響するかどうかわかっていないので、注意をして実験で出ている量内で納めて摂取する事が大事な事とされているのです。

このページの先頭へ